毎度毎度悩まされる梅雨の不調、付き合い方がちょっと分かってきた

   

Pocket

皆さん、こんばんは。
先週はワタワタしていて更新できませんでした、すいません……。

やっと梅雨らしい天気になってきましたが、安心すると同時にどうしても辛いなあ、と
思ってしまいますね。
今日はそんな梅雨の時期の個人的な悩みについて、ちょっと書き留めておきます。

何故かこの時期は不調を訴えることが多い

私は時期ごとに不定愁訴といいますか、何かにつけて辛いつらいと言っているように
思います。
実際ストレスになる原因があったりするので、これがまた面倒なお話です。

特に対策を考えるのが大変なのが、ちょうど今の時期。
他の季節は、割と過ごしやすくはなってきているんですがね?

またなんで梅雨のみこんなに面倒なのか、とちょっと思ったので、一度自分の抱える
不調やら何やらについて見直してみました。

恐らくは発達障害の体質が原因の大きな所

あくまでも、そうなのかな―程度の物ではあるんですが。

発達障害の感覚過敏って、物理的な接触以外に、例えば空気の振動とか、普通は
目に見えない物の接触でも敏感に感じ取ったりするんだそう。

私は空気の振動は感覚として感じたことはないんですが
(ライブ会場とかであったかな?)、湿気だけはえらく敏感に感じ取るんですよね。

肌にまとわりつくと言いますか、ジメジメっとした感触を覚える感じです。
雨の降る前なんか、肌の感覚で「あ、これ降るな」とか「まだ雨は降らない感じかな」と
分かっちゃったりしてました。

その分、毎年毎年このジメジメが不快でして、こと大阪の夏は湿気が強い!
以前夏の時期に東京に行ったら、あっちは割と湿気が少なくて過ごしやすかったんですよ、本当に。
地域差って奴なんでしょうけれど、こういうのを顕著に感じるのも発達障害あるあるなのかな?
辛い原因の一番大きな部分はここじゃないかと思ってます。

発達障害の人は水に濡れるのを極端に嫌う、なんて話もあるので
(私もいきなり濡れるのは苦手かもしれません)、そこも湿気が嫌いな原因なのかも。

とにかく毎年暑い!と思ってたら、体温調節が苦手だった模様

暑いのが辛い、というのも大きな原因ですね。いろいろ対策はしてみるんですが、
まー暑いこと暑いこと。

これも発達障害にありがちらしいんですが、体温調節が上手くできないって人、多いらしいです。
汗がかけなかったり熱がこもったりするそうな。
そういや、私子供の頃からあんまりガンガン汗をかくことがなかったように思います……。

汗がかけないと、そりゃあ体が冷えてくれはしないよね、と納得しました。

そういう訳で、夏はエアコンや接触冷感のアイテムなんかを使って、少しでもいらない熱が
体から逃げるようにしてみています。
それもすぐぬるくなっちゃうんですけどね(´・ω・`)

テンションが下がりやすい梅雨の気候も多分原因

梅雨って基本的に雨か曇りで、低気圧が大活躍している時期ですよね。

気圧が下がるとテンションやモチベーションが下がる、なんて人も多いと思いますが、
私の場合特に顕著に出てくるような気がします。

実は私、6月に誕生日がありまして。
毎年雨の誕生日で憂うつ…なんて過去の経験も含めて、低気圧が長く続くのも原因
なのかもしれません。

後、雨だと外に出ていったりできないんで、昔はストレス溜まりまくってたのを
思い出しました。
昔は外出して買い物、くらいしかストレス発散方法を知らなかったんで。

今は家でゆっくりする方がストレスを溜めずに済むので、雨で不調だったりすると、
一旦おやすみモードに入って休んでから、また仕事をすることもあります。
低気圧だと眠くなっちゃうんで、眠気を抱えたままってのは余計に辛いですからね。

対策の仕方もまだまだいろいろあるかもしれない今日このごろ

という訳で、この時期は梅雨対策に頭を悩ませている訳です。
とはいっても、エアコンかけておけば完全に不快感が消えるかというとそうでもなく、
節電とか省エネの話題が上がる昨今。

いろいろ試してみてはいるんですが……未だ正解にはたどり着けていない感じがします。

何かいいアイデア、ないかなぁ。もうちょっと悩み続ける日々は続きそうです。

 - 雑感 ,