メカニカルキーボードを購入し、普段の文字入力を快適にしてみた

      2017/06/02

Pocket

皆さん、こんばんは。
大分暑くなってきて、流石に布団などを夏仕様に変えていっています。やはり寝る時は快適な状態でしておきたいですよね。

さて、今回は前回書いたキーボードの話をしていこうと思います。

長年使っていたキーボードが使えなくなってしまいました

以前から使っていたキーボードのバッテリーがなくなったので、先日交換しようと
していたのです。そしたら、乾電池が抜けないというとんでもなく面倒な状態に
なってしまいました。

「電池抜けないんじゃ新しく買い直すしかないなぁ」となりまして、
先週通販を使って、以前から欲しかったメカニカルキーボードを購入した次第です。

元々使っていたのは、何年か前に買ったLogicoolのメンブレン式のフルキーボード
ですが、そこそこ打ちやすくて長く使っていました。

現在使っているPCのキーボードもあったんですが、同じメンブレンでも押し心地が
イマイチでして。
その為、キーボードは家にあった別のものを使っていたのです。

インターネットで見た限り、このキーボードも評価の高い品だったようです。

唯、何年前に買ったのか本当に思い出せない位には前からあったキーボードでは
あったんです(流石に10年前ではなかった筈)。
いい加減キーボードの一部が打ちにくくなっていたので、修理より買い換えを選んだ訳です。

色々考えて青軸キーボード以外にしてみた

メカニカルキーボードというと、一番有名なのが「青軸」と呼ばれる奴ですね。

メカニカルキーボードは、キー一つ一つが個別のスイッチになっている形のキーボードで、
値段は高いですがその代わりに耐久性やメンテナンス性が高いキーボードです。
後は打った時のカチャカチャ音の大きさも特徴ですね。
詳しいことはこちらに書いてありました。

よくゲーミングキーボードとして使う人も多いかと思われます。
ちょっとかっこいいですし、欲しいと思っている人は多いのではないかと。

私は元々メカニカルキーボードがほしいな、とあちこちの店舗を回って実際に触ったり、
検討していた最中だったんですよね。
メカニカルキーボードと一口に言っても、打ち心地はかなり違います。実際に触らないと分
からないと思ったので、まずは触っていたという訳です。

普段記事作成など、文章作成をすることが多いので、一応こういうことを重視してみました。

  • 文章がスムーズに打てる
  • テンキーがついている
  • キーボードを打った際程よくクリック音が響いてほしい
  • ある程度評価の高いブランドの物がいい

ということで色々触ってみた結果、スイッチの種類は青軸ではなく、「茶軸」という奴を
選んでみました。
初心者向けとも言われる茶軸は、青軸程うるさくはないもののクリック音もあるし、
軽く打てるのがいいと思います。

本当は赤軸でもいいんですが、赤軸は実際に触った際なんとなく違うなぁ、と
思ったんですよね。打ち易さはあるんですが。
やっぱり、せっかく使うならある程度しっかりクリック音がしてほしかったのです。

実際に買って使ってみた

そういう訳で色々悩んだ結果、メジャーなブランドの「Filco」のメカニカルキーボードから、
茶軸フルキーボードを買ってみました。
フルだと大きいので、無線でなくてもいいかとUSBタイプにしてみました。

ということで実際に数日間、仕事やプライベートに使っていた訳です。

まず思ったのが「思ったより音が大きいかも」ということでしょうか。
まあ、元々音に敏感かつ、お店と違って静かな場所で使うので音が大きく感じるのは
仕方ないかもしれません。不快な音でもないですし、これはこれでいいかなと。

それでも静かにさせたいなら、キーリングというアイテムを使えば音を抑えられる
そうなので、いざとなったらそれとキーボードを外すアイテムで調節してみます。

実際の打ち心地ですが、メンブレンキーボードのように奥までしっかり押さなくても
認識してくれるので、力を込めなくて済むのはいいですね。
以前のキーボードで奥まで押した分でメカニカルなら半押し程度なのですが、それでも
しっかり認識してくれます。

軽く押せばいいだけなので、手への負担は結構小さいかもしれません。長文を打つ際も
しっかり軽やかに押せるのが嬉しいです。
スペースとかエンターとかを押した時の感触が深いと、「やり遂げた!」って気分になりますし。

強いて言うなら、以前のキーボードではパソコン自体の操作ができていたので、
それができなくなったのはちょっと残念。まあ、誤爆も多かったんでこれはそこまで
気にしていません。

キーボード周りの環境も変えて気分一新!

ちょっと厚みがあるキーボードであるメカニカルキーボードは、手が小さい私には
時々手を伸ばさないと打ちにくい時があったので、これを機にキーボードスライダーも
導入してみました。

これでかなり打ちやすくなったので、文章作成作業が捗りそうです。
まあ、打ちやすくはなったんですが打ちミスがごそっと減らせる訳ではないので、改めて
キーボードの打ち方を頭に叩き込んだ方がいいのかもしれないなぁ、なんて思っています(笑)

 - PC・ガジェット, 雑感 ,