文章を書く、と一口に言っても書くこと全部が同じではないという話

   

Pocket

皆さん、こんばんは。
今回もちょっとしたエッセイ的な物を書いてみようかと思います。

文章を書くと一言で言っても、することはたくさんあるのです

私の現在の仕事は、クライアントから記事内容のプロットや参考資料を頂いて、ソレを元に、読みやすく正確な情報で書かれた
記事を作成することです。
意外とこれが大変で、記事用の引用画像や商品リンクなどもしっかり用意しないといけないので、単に文章を書けるだけでは
できないことも多いです。
ある程度キレイな文章が書けて、かつ情報を正確に検索できるスキルが必要、という、言葉にすると簡単ですが大変な仕事です。

とはいえ、自分がまとめて書いた記事を楽しんでくれる人も大いにいる上、目に見えて分かるのは嬉しいことですね。
以前仕事のことを話した友人が、「麻騎さんの記事を参考に生活に活かしてるよ!」と言ってくれた時は、やっててよかった、
と思ったり。

クライアントや読者によって、行動も変わってくるもの

この文章作成、というのも、意外とクライアントによって要求する物が変わってくるので、皆がみな、同じように仕事を
していればいい、なんて事は決してありません。

全くプロットもない状態で、記事になる情報を一から探すパターン。
キーワードのみ提示されて、検索結果の中から、クライアントの望む内容を作成するパターン。

今までの仕事でこういった内容もあったのですが、一から探すのは本当に大変です。
常にトレンドや話題にアンテナを伸ばしておかないと、クライアントの望むものが書けないので、毎日のように情報を
漁ってはメモしていたことも。

今でこそ規定の内容に沿って書く、というものではありますが、かといって他のメディアとは目線を変える必要がある訳
ですので、思考する時間はあまり変わってない気がします。
もっとも、以前ほど検索に時間は取られなくなり、必要な情報はピンポイントで検索していますけれど。

内容によっては書き上げるスピードも全然違う

違うと言えば、執筆スピードも文章によって違うものです。

私は仕事以外に、このブログの記事と、時々趣味の小説などを書いています。
この3つの文章の中で、スムーズにアイデアがまとまって素早く書けるものは何かというと、趣味の小説だったりします。
文章表現などには同じ程度に凝っているのに、です。

昔から趣味の小説自体は書いていたのですが、流石にその頃からは格段に執筆スピードが落ちています。
私は当初、「ああこれは発達障害由来の過集中が原因かも」と思っていたのですが、それでも勢いが下がっている辺り、
原因は別にありそうです。
色々考えてみたのですが、これは「好きな文章を書いているから」かなと思っています。

ブログの文章は、私が小説として書いているような内容とは、当然ですが違うわけです。
小説内容は、もっとオタク的な軽いノリで書いていることが多いのですが、ブログはある程度情報発信をすることを
前提にしているので、文章も読みやすく、やや硬い感じで書いています。
ブログならまだ自分の感性や趣味が出ているのですが、依頼の文章にはよりビジネスライクに向き合っていますね
(読み手に合わせた文章にはしていますが)。
こういう、文章への向き合い方の違いが、スピードにも現れているのではないかと思います。

顔文字で向き合い方を表現すると、多分こんな感じかな?
小説→(´∀`) ブログ→(・ω・) 仕事→( ˙-˙ )

「他人の目を意識して書く」ということ

文章を書く時にここまで向き合い方が違うのが、やはり「他人の目」だと思うのです。

仕事は委託されているものですので、やはり沢山の人が見ることを前提に、色々考えて書かないといけません。
必要であれば修正もしないといけませんしね。
その分、一回文章を書いただけで完成させるのではなく、見え方などの熟考が欠かせません。

逆に趣味の小説は、「自分が楽しく書いて見られればそれでいいや」と感じです。
私は割と人と好きな物がズレやすい上、小説はフィードバックがもらいにくいので、自分が満足することが
第一で書いています。他人の目はあまり気にしていません。
その分、自分が表現したいことの為には時間をかけてますが。

ブログはこの二つの中間に近い気分ですね。
他人の目を意識すればする程、文章の出来をより意識するのだと思います。
実際私の小説には、難読漢字や仰々しい言い回しも出てくるので、人によってはややこしいかもしれません。
それでも気に入ってくれる人はいるようですが。

なんやかんや言って、文章を書く行為に真摯でいたい私

とまあ、文章を書くという行為一つとっても、結構その内容や取り組み方によって、自分の中でも
違うもんだなぁと思わず思った、ということです。
どちらにしても、文章を書くのなら、その文章に対しては常に誠実でいたいな、と思っていますけれど。

そしてもう一つ言えること。
文章を書く時間が早かろうが短かろうが、それは大した問題じゃない。
大事なのは「文章内容が誰かに(或いは自分に)きちんと伝わるか」だということですね。

 - エッセイ, 雑感 , ,