細かな紙の作業は全部ルーズリーフでいいんじゃないかな、と思う

      2017/02/10

Pocket

皆さん、こんばんは。
前々回更新言っていたルーズリーフの使い方、大分と自分の中でまとまってきたのでまとめてみました。
参考程度にお役に立てれば幸いです。

基本はA5リーフ使用

ルーズリーフも色々ありますが、私は何か書き留める際は大体A5リーフを使います。
現在は薄型バインダーにある程度挟んで、毎日の生活記録をバレットジャーナルの形で
記載しています。後はメモとかアイデア。

予定については、フリーのカレンダーをA5サイズで印刷して、穴を空けて挟んでます。
あまりごちゃごちゃ予定を書かない事が多い私ですが、あちこちの予定表やカレンダーに転記するのって
面倒なんです。あまりチェックしないし。
なので、一覧できるカレンダー一つに書き込むのが、一番目につくんですよね。

因みに、普通の紙にはバインダーノート用のパンチを使って穴を空けてます。
A5きっちりサイズに穴あけが出来る物もあるそうなのですが、手元の物はB5対応なんですよね。
気になるなぁ……。

カテゴリーごとにある程度仕分けて収納

大体のリーフは、月一回整頓して大きなバインダーに移し替えています。
その際、ある程度インデックスなどを使って仕分けをしている訳です。

なんでそんなことを、と思われそうですが、ある程度似た情報がまとまっている方が確認しやすいんです。
特に、旅の記録とか長期的にチェック、保管したい内容に関しては。
突発的なアイデアは、逆に毎日の記録とひとまとめにした方が、メモの詳細を思い出しやすいのですが。

一緒にハガキなどの細かい紙類もストックしています。
ある程度したら、A4バインダーに整頓すると思いますが。

過去のノートからはふせん抜き書きで転記する

私は過去のノートも結構溜め込んでしまっていたのですが、溜まれば溜まるほど、チェックすることが
減っていくことも多いのがこれらのノートでして。
とはいえ、なんとなく書き留めた雑学やアイデアなどは、捨てるに捨てられません。
考えた結果、ふせんを使ってピンポイントで抜き書きをしてみました。

ふせんとルーズリーフの双方に言えることですが、これらは動かしやすいメモアイテムだと思います。
元々は抜き書きだけして、適当なノートで保管をしていたんですが、思い切ってリーフに貼り付けて整頓してみました。

結構いろんなことを拾ってたんだ、と見ていて関心することも。
金言まではいかなくても、今も見て心に響く言葉などは、書き留めておいてよかったなぁって思います。

現在の悩みは保管場所の余裕がないこと

現在は手元にある、大きめのA5バインダーに、溜めておきたい内容についてはまとめていたりします。
ですが今後も溜まっていくことを考えると、厚みが足りないなぁなんて思ってしまったり。2穴バインダーでは
ちょっと不安だし。

何か保管用の分厚いバインダーがあればいいのになぁ、と思って物の試しに通販サイトを検索してみたら……
20穴の厚いバインダー、ありました。

世の中って広いですね……。
とりあえず、紙の量が今あるバインダーで足りなくなったら検討しようと思います。

 - 文房具, 趣味事, 雑感 , , ,