高速バスでの旅行の際に私が必ず持っていく諸々のアイテムについて

      2016/10/21

Pocket

5525caf1a9154b93444ae23d4c1f651c_s
皆さんこんばんは。

実は今週始め、地元から東京へ少し出かけておりました。
数年前まではちょいちょい出かけてたんですがね、ここ最近めっきり行かなくなってました。
目的はどうしても行きたいコンセプトカフェがあったので、友人と行くことになったからです。

実は元々一人で行く気だったのですが、SNSで行く旨を呟いたら「じゃあ一緒に行きましょう!」と言われまして。
もう何年も会っていない方だったので、誘っていただいた時は感無量でしたね。
そんな訳で、てんやわんやしつつも楽しんできたのでした。

今回はそんな旅行の際の荷物のお話です。

大手企業なら、最近は何に乗っても心地よく出かけられるみたいです

私が東京ヘ行く時は、基本的に新幹線+宿のついた宿泊プランか、高速バスを使っています。
飛行機も過去に乗ったことがあるのですが、回数は少ないですかね。
なんとなく地に足がついた移動の方が安心なので、陸路メインになってしまってます。
一番多いのは新幹線ですが、安さで言えばバスなのかな?最近は飛行機も安いですが。

今回は宿泊してまで見たい場所のあてがなかったので(というか、平日に行ったら行きたい場所が臨時休業していたりと予定変更の嵐でした)、往復どちらもバスにしました。
平日に赴いたので、料金プランは安価ながら、乗り心地のいい奴に乗ってみました。
事前準備もあったんですが、いやー良いバスは眠りやすいですね!
強いて言うなら、期待して行った搭乗口のバスタ新宿が何もなかったことかな……。

高速バスで行くなら、とりあえず装備を整えよう

さて、高速バスに乗る場合、私は結構いろんなものを持ち込みます。
やはりバスで休むので、準備って大事なんですよね。
バス旅行の必須アイテムなどはネットでも見つかりますが、確かに必要だなぁと以前の旅で思ったのと、特性的にもいつも使っている物で賄えそうだったんですよね。
発達障害故か、ちょっと布団が変わっただけでも寝付きが物凄く悪くなってしまうので、休息する際の準備は本当に大事です。
参考になるかは分かりませんが、以下に持っていったものをリストアップしました。

  • アイマスク
  • 耳栓
  • ネックピロー
  • 着圧ソックス
  • ルームソックス
  • 薬(睡眠薬・頓服含)
  • ヘッドホン
  • スマートフォンと充電器

こんなに持っていって本当に使うの?ということはないです

アイマスクと耳栓は持っていくべき、とバス旅行ではよく言われています。それだけ周囲が気になってしまうんですよね。
最近は個別シートなど、プライバシーを確保できるバスも多いのですが、やはり持っていっておいて損はしないでしょう。かさばりませんし。
私はいつも寝る時に使っているので、それをそのまま持っていきました。
これは薬とかヘッドホンも同じですね。因みに、旅行の際には体調を整えるような他の薬も一緒に持っていきます(整腸剤とか)。
ネックピローは何個か以前から試してみていたんですが、ビーズタイプのような、ある程度しっかりした物を持っていくといいと思います。
空気を入れるタイプって、意外と用意に手間取るんですよね。
いざという時は、腰当てクッションの代わりにもできますし。
着圧ソックスは今回初めて持っていった品ですが、エコノミー症候群対策にも、バスに乗っている間だけでも履くことをおすすめします。むくみがかなり楽になりました。
ネックピローと着圧ソックスは、100均とか300均で買えるものを選んだんですが、何の問題もなく使えましたよ。
ルームソックスはスリッパの代わり兼防寒対策です。なんかスリッパって合わないんですよね。

プラスαの対策でより寝心地良く移動できた件

さて、ここからは個人的に「これはやっといてよかった!」な対策です。
今回はいつものノイズキャンセリングヘッドホンと耳栓を持っていったので、バスの中ではどちらもつけて就寝しました。
相乗効果で周囲の音が軽減されるだけでなく、ヘッドホンで小さく環境音などをかけると、耳の中で程よく響くので心地よいんです。
ネックピローとヘッドホンが干渉しがちだったのだけが問題かな(苦笑)。
後、バス内での飲み物ですね。薬を服用する関係上、飲み物は必須なのですが、私は基本的に旅行の時はお茶は持ち歩きません。
利尿作用でトイレへ行きたくなるのを防ぐ理由と、カフェイン摂取を控える為です。
バスで寝るために薬を飲んでも、お茶やコーヒーを飲んだら意味がないですし、渋みがより水分補給を促しますからね。
後、甘みのある飲み物も控えてます。こっちもすぐ飲みたくなりますし。
バスのお供は水か麦茶が一番いいように思います。

しっかり対策さえすれば、不調があってもバス旅は可能です

私の抱えてる特性的に、久々のバス旅対策は必須だと思って色々やったんですが、やはりやっておいて正解でした。
比較的疲れは軽減できたと思います(それでも筋肉痛とかは出ましたが)。
唯、この荷物にお土産を買ったりすると、今持ってるバッグだと対応できないのが問題かなぁ。
実は来年始めにも旅行を予定しているので(こちらは電車ですが)、それまでに旅行用バッグを定めておきたいですね。

 - PC・ガジェット ,