ちょっとお高い万年筆のおかげで、毎日メモを書くのが楽になった話

   

Pocket

f9732b27adf15f3735480666ba346a9e_s

皆さん、こんばんは。
台風がいくつか通り過ぎて、やっと季節が秋になったと思える気温になりました。
今月は遊びに行く予定も入っているので、気温が適度に下がってくれるのはありがたいです。

さて、皆さんはメモを書くのに何を使っていますか?今回はそんなお話です。

メモ魔な私ですが、書き取りや板書は苦手でした

私、メモをとるのはよくやっているんですが、文章を書き写したりするのは大の苦手でした。
小さい頃から、文字を書いたり絵を描いたりすると妙に腕に力を込めてしまい、頻繁に「手が痛い!」と手をぶらぶらさせてほぐしたりしてました。
後、書くのも遅いのでどれだけ省略して書いても、量の多い板書だと悲鳴を上げたくなりました。
大学の時に、とある講義で「スクリーンに出てくる内容は全部手書きで板書しなさい」という講義があった時は(しかも必修でした)泣きそうになりましたね。

え、講義内容?入ってくる訳ないじゃないですか。
教授が話してる間も、書き写しが終わってなくて必死で書いてたんですから。

もしかしたらこれも発達障害の過敏さなのかな?とも思いますが、まあそれはそれ。
結果、私はノート取り大嫌い人間になってしまいました(苦笑)
あ、教科書やプリントにラインを引いたりして、一応授業内容が分かるようにはしてたんですよ。
一応テスト前とかには自分なりにまとめたりもしていましたし、何もかも書いてないって事はなかったです。

とはいえ、手が痛くて書けないのは問題ですよね。原因が病気という訳でもないですし。
そんな時に、私が出会ったのが万年筆でした。

何気なく出会った万年筆の使いやすさがツボった件

万年筆、最近はかなりお安く、しかもカジュアルな物が手に入ったりします。
私が手を出したのは、ちょうどカジュアルな物が日本で話題になり始めた数年前です。
確か本か文具屋で見かけて手を出したんだっけかな?

万年筆って手入れこそ大変ではあるんですが、試しに書いてみると腕への負担が全然違う訳です。
あんまり手に力をかけなくても、スルスルインクが出てくるのが嬉しい所です。
特に、何かしらの考え事をする時などにはインクの出がいい万年筆とノートで、色々とネタ出しをしたりしてます(ブログ記事とか)。
偶に絵を描いたりするのにも使ってます。使い方次第では塗り絵なんかにも使えるんじゃないかな?
インクも色んな色合いがあるので、使っていて楽しいです。

細かな手入れをするのも結構好きなので、なんだかんだで長く愛好していたりします。
とはいえ、最近は新しい万年筆を追加、とかはしてないんですけどね。
以前は相当入れ込んでましたが……。

因みに、私が今メインに使っている万年筆は、安価なタイプでPILOT社のカクノという種類です。
安いのですが、万年筆としてはとても軽くて使いやすいんですよね。
見た目もポップで明るい色合いなので、なかなか可愛いですよ。

仕事や日常に使うものだから、ペンの使いやすさに拘りたい

万年筆に限らず、滑りがよくて手に負担をかけないペンは、最近結構増えてきています。
書くのが苦手、なんて人も、ペンの種類や書き方を見直してみたら、案外改善するもんです。
例えば項目一つ毎に付箋一枚で簡単に書くとか(以前書いた付箋ノートの方法ですね)。
もし同じような悩みを抱えている方がいたら、一度試してみて下さい。

 - PC・ガジェット, 雑感 , ,