ノート使いたい欲を刺激してくる、バレットジャーナルなる手帳術

   

Pocket

e051a8ff406f33ccd3a8adece3d8aa06_s

皆さんこんばんは。大分季節が秋に移行してきましたね。
そろそろ来年の手帳なんかも考えてる人もいるのかと思いますが、私は手帳は買いません。
フォーマットが決まったもので書こうとすると、なんでか上手く運用できなくて。
なので、今回はちょっと試している手帳術について話そうかと。

定期的に迷いが出てくるアナログノート・手帳術

私は元々文房具やら、ノートを扱うのが好きなのです。
現に家には結構ノートやらメモが溜まっており、必要な家族が「いらない奴ちょうだい!」という事も
(流石になんでもある訳じゃないんですけどね…)。
使わないよりは全然いいので、結構気前よく貸したりします。

じゃあ手帳は買ったりしないの?という話ですが、予定をメモしたり整頓したりはするんですが、一冊全部使い切ることは少ないです。

私が手帳を使わない理由とアナログメインな理由

私は予定自体そんなにない事が多いんで、基本的にメモが多いんです。
そういう訳で、あまりいらないんですよね。予定欄。
ということで、結構自分がカスタマイズできるような手帳の使い方をノートでやる事が多いです。
最初は確かノート一冊に一元化する方法をやってたんですが、不満が出てくる部分もあるんですね。
まあ、結局欲しい情報は一つの所にまとめたいんですが。

因みに何度かデジタル一元化もやったんですが、合わなくて止めました。
なんかデータにまとめただけで満足してしまうんですよね。
後は紙のほうが目に優しいですし。

自分で考える理想のノート・手帳の使い方とは

自分的に、こういう使い方がしたいなという考えはあるんです。

  • 予定は当月の一覧、來月以降の物が軽く見られればよし
  • メモやアイデアは一覧で見られるか、目次などで探したい
  • 生活記録と簡単な日記、タスクは一目で見たい
  • イラストは別の物を使うほうがいいかも

気まぐれに絵を描きたくなることがあるんですが、ノートだと罫線が気になるんです。
これはこれで別の紙とかスケブがいいのかもしれません。
思いつきは以前の記事でも書いたように、付箋を使うのが使い勝手がいいので継続しそうです。

とまあ、こんな使い分けを考えている辺り、一冊にまとめるのは無理がありますね。
一先ず普段の記録と予定くらいはまとめたい、と思っている内に、ちょっと面白い方法を見つけました。

楽しくアレンジできる「バレットジャーナル」が気になる感じ

バレットジャーナル、という手帳術があります。
最近、オシャレで融通の利く手帳術として、女性を中心に国内外問わず人気な様子。
最低限必要なのがノートとペンと定規だけ、というのがいいですね。
詳しいやり方は下記を見てみて下さい。

言うならば、スケジュール+to do+ノート+なんでも!っていう、びっくりな内容。
なんでもできちゃう、オールインワン的なもの。
しかも、「デジタルの時代に非デジタルなシステム」として、誰でも簡単にできるように作られてます。
バレットジャーナル始めました。 - むやたんの文具・書籍ブログ
バレットジャーナルの始め方 - むやたんの文具・書籍ブログ

さて、こういう自分で何かを作るのって、私大好きです。
なので色々悩んだ挙句、一先ずアイデア帳に使ったりしていたクロッキー帳でお試ししてます。
色々自分が使いやすくカスタマイズしていく感じが楽しいですね。
来月辺りからはノートを変えて、本格的に運用してみようと思ってます。

そのせいで、思いつきで買ったノート数冊はお蔵入りですが…(苦笑)
ま、これはこれでその内使うと思いますけどね。

もしもノートや手帳の使い方で悩んでいる人が居たら、これは試してみてもいいと思います。
私の運用方法については、もう少しまとまったら写真付きで掲載したいですね。

 - PC・ガジェット, 趣味事 , , ,