偶には一つのことに没頭したい時、マインクラフトに手をつけている話

   

Pocket

2016-08-12-121248

※画像は私のプレイしているワールドのスクショです※

皆さんこんばんは。最近夏休みということで家から出るのが億劫になっています。
そんな時は読書をしたりゲームをしているのですが、今回はそんなお話です。

知ってる人は知っているマインクラフト

マインクラフトは、主にPCやPS系ゲームで販売されているゲームです。
最近はスマホ版、WiiU版の販売もされているとの事。
特徴としては、ブロック状のアイテムで出来た世界の中で敵を倒したり建物を建てたり、明確な目的はなく(一応ラスボスはいますが)自由に行動できるゲームです。

既に某動画サイトで実況している方や、企業が乗っかったイベントなどもあるそうです。デンマークが国土を再現してみせたりしたそうです。すごいですよね。
この話については下記をご覧下さい。

マインクラフトでデンマーク政府が国土を4兆個・1TBもの超大作で再現したらぶっ壊されまくる事態に - GIGAZINE

因みに私が始めたきっかけは、実況動画の生放送を見て「この人楽しそうにゲームしてるなぁ」と思ったのがきっかけでした。

発達障害の子におすすめなゲームだそうな

このマインクラフト、なんでも発達障害の子どもに良い効果を与えているのだという話です。

理由はブロック状の物でできているので見た目が落ち着くとか、明確な目的がないので
自分の好きなようにプレイできるからとか、色々言われているみたいです。
マルチプレイで対人コミュニケーション力を上げられる、なんて効果もあるとか。

実際、海外では発達障害の子限定のネットワーク環境でプレイする所もあるそうな。

ゲーム自体の自由度の高さがあるからこそ、こういう集まり方もできるのかもしれませんね。

マインクラフトはデジタル箱庭になるのかもしれない

さて、発達障害とマインクラフトについて調べてみたら、こんな記事を見かけました。

マインクラフトは「サンドボックス型のゲーム」というジャンルに分類されていますが、箱庭療法(サンドプレイセラピー)に似たところがあるのだなと思います。
マインクラフトが自閉症の子供の助けになる7つの理由|からすのひろいもん

箱庭療法というのは、心理療法の一種です。
内側が水色に塗られた箱に、砂が敷き詰められた土台の中を、フィギュアやら
何やらで自由に弄って遊ぶことで、心理的効果が得られるという治療法なんですね。
私は過去に、一度だけ体験したことがあります。素直に楽しかったですね。
主に言語コミュニケーションが発達していない子どもの治療に使われます。

似通ったものに、ゲームや玩具で遊ぶ形の遊戯療法なんてのもあったりします。
マインクラフトは、これらの療法にも使えるのかもしれませんね。

療法というだけあって、専門家が見れば色々な結果が分かるのが箱庭療法などです。
ですがそれ以上に、達成感とリラックス感が得られる事が、これらの大きな特徴です。
マインクラフトも、達成感ということではいいものが得られると思います。

あてもなくダラダラ続けてしまう私のプレイ方法

さて、私は主にマインクラフトで何をしているのかというと、ウロウロしながら
探検するのが好きです。
建物を作るのも好きではあるんですが、どちらかと言えば材料を集めるために
鉱山を掘ったり、意味もなく平原をまっ平らにしようと掘り返したりしています(笑)

建物は如何にミニマムかつ実用的な建物を建てるか(本格的な建築はしない感じ)
メインです。

こうして文章にしてみると、私なかなか整地厨ですね……
ですが、こういう単純な作業は大好きですね。プレイしてて時間が経つのが早いです。
一旦中断しても、また思いついて始めてもいいので、ダラダラやってますね。

普通のゲームだとクリアをするまでで精一杯だったりする事もザラじゃないのです。
場合によってはクリアもできません……

唯、私がしているのはPC版ではなくPSVita版なのです。
誰かとマルチはまだしたことがありませんが、いつか知り合いさんとできたらいいなぁ、
なんて。
PCの方が機会があるのかしら、なんて思う最近の私です。

楽しみ方自由な世界って素敵です

本格的な建物を作るのは大変ですが、マインクラフトはそれがメインの目的では
ありませんしね。
自分の好きなように世界を作っていくのもいいと思います。
PC版だと整地なども色々追加して可能らしいのですが、私は苦労しつつ
作業する方がなんとなく好きです。
楽しみ方は人それぞれだと思うんで、一度皆さんもやってみてくださいね。

 

 - 趣味事, 雑感 , , ,