日々の事を逃さないために、どこででもメモを取り続ける為の方法

   

Pocket

e051a8ff406f33ccd3a8adece3d8aa06_s

皆さんこんばんは。

最近急に暑くなってきたので、体調管理に大忙しです。
今回は、そんな体調管理にも利用しているメモ取りの方法を記事にしてみました。

デジタルかアナログかと聞かれたら、私は断然アナログ派

最近はスマートフォンやパソコンなども進化していますが、私は未だにペンと紙を愛好しています。
毎日の予定出しやメモも、基本はアナログです。

私は日々のメモとスケジュールだと、スケジュールの方がどうにもシンプルな感じになってしまいます。
最低限の予定しか書かないのに、大きな手帳はいらないかな、と年々簡素化してきた結果、これだけはデジタルへと移行しました。

一応、色々試してはみたんです。
ですがデジタルではあまり「メモを残している」実感も持てないので、基本的にはスケジュールをまとめるのにだけ使っています。
それも目に見えておくべき物は、紙のカレンダーにも書き込む形にしていますが。

日々の体調管理にもメモは必須アイテム

私は周囲の環境やストレスに影響を受けやすいタイプです。
なので、心身の状態などを常にメモして、自分がどんな時に調子が狂うかを判断してきました。

具体的に何を書いているかというと、睡眠時間、その日の心、体の調子、天候です。
私は体は元気なのに精神的には疲れていたり、逆になっていたりすることも過去多かったので、
別個に書くようになりました。

また、天候も影響を受ける元になるので、簡潔に書き記すようにしています。
朝はこれらの情報の書き出しに加え、その日何をしないといけないか、
Todoを書き出すのが、最早朝の日課になりつつあります。

書きたいことが色々あるけどノートは基本一冊で

元々私は、ふと思ったことなどを書き留めたりするのに、落書き用のメモやルーズリーフなどを使っていた時期がありました。
文字に書き出すとなんとなく忘れない気がしていたのもあるんですが、とはいえ、バラけやすいのがこれらの難点でした。

大学生時代に、ふと書店で見つけたのが「ノート一元化」の方法を記したノート術で、
元々就活や卒論のことを考えないといけない時期に、これを見つけたのは幸いだったのかもしれません。
以降はそのノート術をベースに、色んなメモ、ノート術を試していきました。

ノートがたくさんあると、どれから見ればいいか分からなくなるって事、ありませんか?
私はそうで、現に書籍を見つけた際はこんな風にノートを持っていました。

  • スケジュール帳(6穴ミニ、メモ帳兼)
  • ルーズリーフ(大学の講義用兼落書き、メモ用)
  • ミニノート(就活用)

これだけではなく、家では家でスケッチブックや落書きノートを持っていたと記憶しています。
正直紙類をまとめるのは本当に大変でした…。
おまけに新卒用のバッグが私には合わなくて、荷物を減らすためにも、ノートの整理は必要だったのです。

講義のメモや就活のメモなど、全部を一つのノートに書いておくのは、大雑把に
どこに書いたかさえ覚えておけばいいので、楽といえば楽なんです。
元々頭の中の物を吐き出すためにメモをとっていると言っても過言ではないので、
私は簡単にしか見返さない分、コンパクトなノートで地道にアイデアやネタをメモしていました。

持ち歩くためのメモに迷った挙句行き着いたのが付箋ノート式

さて、色々試していて一番不満を感じたのが「ノート持ち歩きにくい!」という事。

スーツのポケットなどにノートを入れられれば一番楽だとは思うのですが、
女性のスーツやバッグって、意外とポケットが少なかったり小さいんです。
ので整頓するだけで一苦労。
しかも手のひらサイズメモなどはすぐに取り出しにくく、この問題に長いこと悩まされていました。
こういう時女性って不便だなと思いますね。

そんな私が現在やっているのが、メモを全部付箋に書いて、一つの場所にまとめておく方法です。
参考までに画像をご覧下さい。

DSCN0297

この画像みたいに、ひたすら付箋にメモした後、寝る前や週末などに保存用ノート(私はA4ルーズリーフを使っています)に貼り付けるだけ、という方法です。
付箋なら一枚分の大きさが決まっているので、唯書くだけで見分けやすいのが便利です。

この方法、最近Instagramなどでも「付箋ノート勉強法」として人気が出ているようで。
付箋もまとめ用のノートも、100均で手に入れられる手軽さや付箋の可愛さもあって、勉強に取り入れる人が多いんだそう。
私は毎日の情報管理に使っていますが、便利ですよ。

因みに私が参考にしている書籍は、下記のものです。

付箋を持ち歩くためにちょっとした物をクラフトしてみる

この付箋ノートを実行するにあたって、私は2つほど持ち歩き用のアイテムを用意しました。
一つがスマホの手帳型ケース。これにクリアファイルを挟むと付箋が持ち歩きやすいとのことで、実践しています。
スマホはいつも持ち歩くので、ちょっとした工夫だけでいつでも持ち歩けるメモになってくれて大助かりしています( ´∀`)

もう一つが、家の中や書き溜めた付箋の仮置き場。
私は基本的に週末にまとめノートに移し替えるので、それ以外の保管場所が欲しくなりました。
で、色々考えてみた結果がこちら。

DSCN0295

一見人気のトラベラーズノートっぽいと思われそうですが、これ、自作です。
あのデザインは好きなんですが、買うと高いよなぁと考えた結果、レザーを買って自作したものなのです。
本物と遜色ない程度に使えています。
このトラベラーズノートもどきの中身はこんな感じ。

DSCN0296

付箋を貼っているボードは、家に余っていたクリアファイルをカットしてホチキスなどで留めたりしたものです。
クラフトファイルは本家トラベラーズノート製。普段はDMなどの仮置き場になっています。

ここに書き終えた付箋を貼って、色々チェックするようにしています。

頭の中の思考はすぐ消えるから是が非でも留めておきたい

私にとって、思考というのはちょっとでも他のことをしているとすぐ消えてしまう財産でもあります。
そこから仕事のためのネタが出てきたりする事も多いので、出来る限り書き留めておきたいものなんです。

ちょうど見ていたアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』の岸辺露伴先生が、
漫画のネタが枯渇することを恐れているような心中を話すシーンを見たんですが、見ながら
「ああ、確かになぁ」と思いました。
まあ私は人の体験を読むスタンドなど持っていないので、せいぜい自分の完成を暖かい内に
メモにまとめるのが関の山なんですがね(笑)

メモを長く取っていると、こういう時にこんな事を考えていたのか、という見返しもできるので、
体調管理という点でも、メモって使えるんじゃないかな、と個人的には思います。

 - PC・ガジェット, 雑感 , ,