私がメイクをラクチンにする為に使っているお気に入りアイテムまとめ

      2017/03/23

Pocket

03640a31d7050274c858f5ed219f1e90_s

皆さんこんばんは。
今までの記事で大分メイクの基礎や、知りたかったことをまとめたと思うので、今回は個人的な内容です。
以降は不定期に、このタグの記事を更新すると思いますのでご了承を。

さて、メイクに必要なのって化粧品とメイク道具だけじゃなかったりします。
人によっては、色々と便利アイテムを追加して使っているようです。そのアイテムも様々。
今回は参考までに、私が別個用意しているお気に入りのアイテムについてご説明します。

うっかりが多いのを防ぐのに安い詰め替え容器を使うようにしてます

私はよく物を落としてしまううっかり癖があります。ADHD由来の不注意って奴なのかもしれません。
そのせいで壊れた物も多かったり……。
そんな私がメイクを買う時に重視してるのが、値段、質、色味と合わせて「プラ容器か否か」です。
ガラス容器だと落とした時が悲惨な上、メイクがもったいない!なのでプラ容器の方がまだ安心なんです。
まあ、だからって全部が全部プラ容器ってことはそうそうないのですが。

そんな時に便利なのが、詰め替え容器な訳です。
ガラス容器のメイクを詰め替え、毎日のスキンケアやらメイクに使うようにしています。
一般的なローションなどなら、100円ショップの容器で普通に使えるので、不便はあまりありません。
強いて言うなら美容オイルの詰め替え容器がなかなか見つけられない事ですかね……
できれば旅行などでも同じアイテムを使えるようにしたいので、小さな詰め替え容器を探しているところです。

クレンジングも出来る手ぬぐい+マジックソープはもっと早く出会いたかった!

メイクを落とすのって、皆さんはいつやってますか?大抵はお風呂の時だったりするかもしれません。
私も入浴時にクレンジングと洗顔をするのですが、基本的に使うのはマジックソープと手ぬぐいのみです。

手ぬぐいと固形の石鹸を使うと、クレンジング剤もいらない上、いらない角質を落としてくれるという話。
実際薄いメイクなら、濡れた手ぬぐいで顔を軽く擦るだけで落ちます。
私はいつもつけてない位の薄いメイクなので、これで問題なし。
必要であれば、先に軽くメイクを落としますが。

この後の洗顔に使えるのが、マジックソープ。コスパもよく、全身洗える安心な素材で作られています。
これを手ぬぐいで泡立てて、洗顔した後、更に身体も洗ってしまえるんです。
マジックソープは固形の方が手ぬぐいと使いやすいですが、液体タイプでもまず問題なさそうです。

このマジックソープも、普段は詰め替え容器に入れて浴室に置いてあります。
朝はこれを泡ポンプに希釈してある物を使ってます。

コットンがあればメイク落としって結構簡単!油分があるとより便利♪

メイクの際によく使われるコットン、私は100円ショップの簡易な物を使ってます。
ガッツリめにメイクをした際は、お風呂の前に落としたくなるもので。そんな時にコットン使って落としてます。
いつもの保湿クリームやオイルでメイクを浮かせてから、軽く水で濡らしたコットンで拭けば結構落ちたりするんですよ。
水は化粧水で賄うことが多いですね。

コットンは基本消費アイテムですから、お金をかけていい物を買うよりは、手軽に使える物を一つ置いておくのがいいかもしれないです。
旅行の時に、オイルや化粧水をコットンに染み込ませて持っていけば、拭くだけでスキンケア出来るとか。
これはやったことはありませんが、やっぱりコットンは一つ持っておくと良さそうだなと思いました。

肌荒れの時にも便利なワセリン、私はプロペト使ってます

実は保湿アイテムに人気があったりするワセリン、肌が荒れにくくて案外使えるんです。
お店で売っているのは基本的にヴァセリンや白色ワセリンなのですが、私はそれよりもっと精製度が高いプロペトを使ってます。

プロペトは病院でも処方されることがあり、私も肌が荒れた時、行きつけの皮膚科でもらったことがあります。
特に肌にいい効果はなく、肌に膜を貼るだけなのですが、スキンケアの後の肌をカバーしてくれるのは嬉しいです。
ハンドクリームやリップクリームの代わりにもなるんで、私は常にクリーム容器に入れて持ち歩いてます。
メイク落としの際の油分にもこれを使うことが多いですね。
今のところ不便を感じたことはありません(流石にプロペトだけを肌に塗ってたら物足りなかったですけど)。

因みにこのプロペトに限らず、ワセリンを塗った後にメイクを塗ると、肌に与える影響が少なくなるそう。
おまけにベースメイクののりも良くしてくれるので、値段が安い割にはとても便利です。
顔に何かを塗るのが苦手な人は、ワセリンやプロペトから練習してもいいと思いますよ。

ベビーパウダーはふかふかパフで気持ちよく肌に乗せてます

パウダーはブラシでつけるのがいい、と巷では言われているそうですが、やはり私はパフが手頃で好きです。
定期的に洗わないといけないのは確かですが。
ベビーパウダーなら専用のパフも販売されていますが、私は基本的に、毛足の長めなメイク用パフを使っています。
洗っているとしぼんでくるので、適度なタイミングで買い換えてますよ。

パフは基本的に顔以外に、汗をかきやすい場所へベビーパウダーを叩くようにしています。
お風呂上がりにやるとさらさらして気持ちいいんですよね♪
首元やデコルテなどは、メイクの際にも夏はつけるようにしています。汗ばむの苦手なんです……。

色々追加すると毎日のメイクってかなり楽になります

私は上記にも書いたとおり、基本的にうすーいメイクしかしていません(流石にすっぴんではいませんが)。
それでも、毎日やらないといけないのってやっぱりめんどくさいです。
そういう時に、お気に入りの手触りのパフや使いやすい詰め替え容器を使えば、時間も短くできるしラクチンです。
特に面倒だなぁ、と思うスキンケアの工程には、こんな風に何かアイテムをプラスするだけで楽になるもんです。
少しでもメイクやらスキンケアを楽にしたい人は試してみてもいいと思いますよ。

 - 発達障害でもメイクしたい! , , ,