メイク崩れは印象悪化!メイク直しが働く女性に必要なワケって何?

      2017/03/23

Pocket

03640a31d7050274c858f5ed219f1e90_s

皆さんこんばんは。
今週は一週間ぶりに、発達障害の女性に向けたメイクの話です。
今更な話になりますが、このシリーズはあくまで「筆者自身が早めに知りたかった事+αを書き留める」のが目的です。
なので、既にメイク関連の理解がある方には、あんまり意味のない内容になること間違いなしです。

そもそもなんで面倒なメイク直しが必要なの?

メイク直しって面倒ですよね。
昼休みなんて、仕事の後処理やらリラックスやら次の準備やら、やりたい事を一時間以内に済まさないと
いけないのに、なんでメイクにまで気を配らないといけないの?ってなります。
私も実際そういう風に思っていたクチでして、だからこそ、メイク直しを以下に簡潔に終わらせるかを
日々研究していました。

何故メイク直しが必要なのか。
それは、メイクが「外的要因で簡単に崩れてしまうもの」だからです。上に塗っただけなので、
ちょっとしたことで剥げます。
ペンキ塗装の壁なんか、劣化ですぐ剥げちゃってますよね。正にあんな感じなんです。
厚く塗り重ねれば塗り重ねる程、刺激があればある程、メイクは崩れてしまいます。
刺激は例えば湿気だったり、物理的な物だったり(眼鏡つけてると鼻のところがよく崩れませんか?)します。

これらを整え、見た目を綺麗にし直す必要が、メイク必須の女性にはどうしてもあるんです。
逆に言えば、最初のメイクの際に崩れの原因を除き、かつ薄くメイクを施せば手直しはそれほど
いらないものなんです。
ベースメイクを簡単にする方法は、過去記事にも掲載しているので今回は省略しますね。

メイク直しを簡単にするポイントはここ!

メイク直しをする際、この部分さえ意識しておけば問題ないという部分がいくつかあります。
このポイントに沿ってメイク直しをすれば、まずマナー違反になるような崩れはなくなるでしょう。

  1. メイク直しの際は油分を保つ(取り過ぎない)
  2. 寄れてしまったメイクは思い切って取ってしまう
  3. ポイントメイクは薄ければしっかり修正する
  4. 道具をしっかり活用する

これがおおまかなポイントだと私は思っています。

メイク直しの際に油が浮くことはよくある事ですし、寄れの原因にもなります。
なので寄れと一緒に取る訳ですが、人の肌ってある程度は油分を出すようになっているらしいです。
油分が全部なくなると、肌は保護の為により油分を分泌します。結果余計に寄れてしまったり崩れるのです。
また、顔の印象を一番大きく決めるのは目・口です。はっきりした印象を持たせる為にも、
この部分の修正は必須。
逆に言えば、ベースはある程度赤みや寄れさえ見えなければ問題ありませんよ。

メイク直しに使える道具は意外と身近にある!

では、メイク直しを簡単にする道具についてご説明します。以下の物があると捗ります。

  • ティッシュペーパー
  • 綿棒
  • コンシーラー
  • ベース用パウダー(ベビーパウダー可)
  • ポイントメイク用化粧品
  • 保湿用クリーム
  • スクリューブラシ

ティッシュペーパーと綿棒は、油分と寄れを直すのに使います。ティッシュで顔全体を押さえると、
程よく油分などが取れてくれるんです。
「あぶらとり紙じゃダメなの?」という質問もあるかもしれませんが、あぶらとり紙では油分を吸い過ぎて
しまうこともあるのです。
メイク慣れしていない人は、ティッシュを使う方法をおすすめします。
綿棒は目元の落ちたメイクも落とせますが、簡単に落とせない場合は保湿クリームを先端に塗って、
落としたいメイクを擦るといいです。
油分でメイクは落ちるので、クリームは簡単にメイクを落としてくれますよ。
ついでにリップクリーム代わりにもなり、カサついていればメイク直し前に塗っておくだけで応急処置もできます。

メイクの主な直しとして、ベースの寄れは取った後コンシーラーとパウダーで誤魔化すと意外と分からないものです。
スティックコンシーラーや固形パウターが、こういう時は便利ですね。
スクリューブラシは眉毛の流れを整えたり、マスカラのダマ取りに便利ですね。

 

暑い季節はよりメイクが崩れやすいので注意が必要

汗をかく季節は本当に厄介です。顔も体もベトベトになるのは不愉快ですよね。
夏のメイク直しをする場合、スプレー化粧水が一本あると意外と気持ちいいですよ。

ポイントは直接ミストを顔にかけないこと。
顔全体にミストをふわっとかけ(上の方から吹きかけるといいとか)、軽く肌に馴染ませたら、後は
残った水分をティッシュで取れば、汚れも落とせて顔もさっぱりするそう。
よくメイク関連の記事では「ミスト化粧水は肌荒れの原因になる!」などと書かれていますが、
打ち水のように、火照った肌を冷やしたり、いらない汚れを浮かせてくれるのも事実。
化粧水をスプレーボトルにつめるよりは、最初からスプレー用に売られているボトルの物を買うのが安全です。
また、メイク崩れを抑えてくれるアイテムを、朝のメイク時に使うのもいいですね。

 

慣れればメイク直しは簡単に終われる!

食後の歯磨きやお手洗いの際など、洗面所を使う時にちょっと時間をとるだけで、メイク直しって
結構簡単にできるようになっていくものなんです。
移動の際にメイクポーチを入れておけばいいだけなんで、手間自体はそこまでかからないと思います。
ささっとメイク直しを済ませて、残った休み時間やアフター5なんかは楽しく過ごしましょう!

 - 発達障害でもメイクしたい! , , ,