私の抱えている問題について―人ごとに変わる発達障害の特性とは―

      2016/04/30

Pocket

tumblr_inline_nocf7hcTmD1qicz63_500

※過去ブログより転載、加筆修正※

ABOUTページに発達障害と書いてますが、この障害って人によってどんな風に出るのか違うもんで。
なので私の場合をちょっとまとめてみる事にしました。

私の抱えている発達障害的問題

・感覚が過敏
音(子どもの高い声とか)や光、皮膚感覚(痛覚とか湿気)が鋭く強く感じやすい。
夏はサングラスと日傘、ノイズキャンセリングヘッドホンないと歩けません。

・全部の音が耳に入ってくる
普通はどんなに騒がしくても聞きたい音だけを拾えるのが人間の耳らしいですが、私の場合はそれが出来ません。
全部聞こえるので一番聞きたい事が聞き取れない事も。

・純粋で繊細
悪く言えばモノ知らずで過敏とも。人の声色、目線から感じられる意思を汲み取れる位には敏感。
人が知ってる当たり前の事が時々すっぽ抜けてたりします。

・行動、言動に対して律儀過ぎる
真面目とも言えるけど、一度言われるとその通りに行動しないといけないような気がしてくる時があったり。
とはいえ冗談や社交辞令かどうかは分かるし言えるレベル。

・感覚や体調、感情に振り回されやすい
曇りの日や血祭りってる時は感覚も鋭くなるので余計イライラしたり疲れやすかったり。

・人の顔色を気にしすぎてしまう不器用な奴
グループで盛り上がってる所に割って入るのは苦手。大抵傍観者になってしまいます。
それでも指摘されて改善しようと頑張ってみてるので少しはマシになった方。

・積極的なコミュニケーションが苦手
今まで失敗した事が多いせいでこう感じていたり。打ち解けるまでに時間がかかるのもよくある話。

人によって抱えてるものは違うけれど

こんなモノを抱え込んでるのですが、今日もなんとか生きてます。
少しずつでもマシにしていけたらいいな。
理解してとは言いません。唯、こういう人間も居る事を知っておいて欲しいだけ。

ハッピーイヤー (グリーン)

 - エッセイ, 発達障害について ,